新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年10月31日

新型インフルエンザ 脳症 7歳 最多

インフルエンザ脳症は、ウイルスが脳に侵入しているわけではない。

体内で増えたウイルスに免疫が過剰反応して脳が腫れ、意識障害を

引き起こすと考えられている。

厚生労働省インフルエンザ脳症研究班代表の森島恒雄岡山大教授によると、

致死率は8〜9%で、25%に精神神経障害などの後遺症が出る。

感染研によると、患者は1〜15歳の計49人と40代の1人で、40代の患者は

脳症でない可能性もある。

20人を詳しく調べたところ、発熱の当日か翌日には大半が意識障害を

起こしていた。

持病か既往症があったのは20人のうち11人で、6人が熱性けいれん、

5人が気管支ぜんそくだった。

感染研の安井良則主任研究官は「理由はよく分からないが、ぜんそくの

ある子は注意が必要だ」と話す。

高年齢の子供の発症について、森島教授は「過去に感染したことのない

ウイルスだからではないか。

新型は肺炎を起こしやすく、ウイルス量が増えやすいために、免疫が

過剰反応しているとも考えられる」と分析する。

早期に専門的な治療を受ければ、多くが回復すると話す。

日本小児科学会は…

(1)呼び掛けに答えないなど、意識レベルの低下
(2)けいれんが30分以上続く
(3)意味不明の言動−の症状は、脳症の疑いがあるとして受診を呼び掛けている。

ワクチンについて、「接種により脳症を避けられるというデータはないが、

インフルエンザ感染の確率を約30%下げるという研究結果はある。

感染しなければ脳症にならずに済む」とした。

厚労省への報告によると、これまでに新型インフルエンザによる脳症で

5人が死亡した。

小さな子供を新型インフルエンザから守る子供用サイズ!



posted by エンザ at 15:38| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

新型インフルエンザ ワクチン 接種 注意点 妊婦

新型インフルエンザワクチン接種については、妊婦だけでなく胎児への

影響も心配されることから、日本産科婦人科学会は妊婦向けに情報提供

に努めている。

注意点は…

妊婦は、新型ワクチンの優先接種の2番目に位置づけられている。

この理由について、そもそも妊娠中は母体の免疫力が低下しており感染症に弱く、

肺炎などを合併しやすい。

さらに、外国では肺炎のために死亡したケースが出ている。

気になる新型ワクチンの副作用だが、医療従事者約2万人を対象にした

調査で副作用が報告された。

しかし、いずれも回復しており、「どんな薬にも副作用はある。だが、

接種しなかった場合のリスクを考慮すると接種する方をお勧めする」と推奨。

一方で、「アレルギーやぜんそくのある方は副作用が出やすいので、

ワクチン接種後30分程度は受診した医療機関にとどまり、体調の変化が

ないことを確認してほしい」と注意喚起する。

胎児への影響についても、「同じ製法の季節性インフルエンザのワクチンで

問題がないとされており、まず影響はないと考えられる」としている。

ただ、現在までに配布された新型ワクチンは医療従事者向けの小瓶入りの

「バイアル」と呼ばれるもので、保存剤が含まれている。

妊婦らへの新型ワクチン接種を前倒しした自治体ではバイアルを使用すると

みられるが、11月中旬には、あらかじめ注射器に充填(じゅうてん)され、

保存剤が含まれていない分も配布される見込みで、「医療機関の窓口で

希望すれば接種も可能」だ。

子供用サイズ!女性の方にもピッタリ!
posted by エンザ at 21:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ ワクチン 接種回数 原則1回 WHO

世界保健機関(WHO)は、各国専門家による会議で、新型インフルエンザ

ワクチンの接種回数について、成人(18歳以上)は原則1回とする方針を固めた。

来週にも、WHOとして正式な勧告を出す見通し。

18歳未満の人の接種回数については、明確な方針は決まらなかった。

日本政府は、医療従事者以外は「2回接種」とする方針を示している。

会議では、妊婦を、医療従事者に次ぐワクチン優先接種の対象とする

方針も決まった。

妊婦以外では、ぜんそくなどの呼吸器疾患を持つ人や、2歳未満の子供も

優先的に接種する対象とする方向となった。

新型インフルエンザ対策高性能マスク!
posted by エンザ at 15:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ 定点医療機関 当たり 患者 報告数

10月19〜25日のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が

「24.62」で、前週(12〜18日)の「17.65」から6.97ポイント増えたことが、

国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。

定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は約114万人

(前週約83万人)で、新型インフルエンザの発生以降では初めて100万人

を超えたがく〜(落胆した顔)

都道府県別では、北海道(61.43)、愛知(39.42)、福岡(37.35)、兵庫(33.51)、

秋田(32.15)などの順=表=。警報レベルを超えたのは151保健所(26都道府県)、

注意報レベルを超えたのは285保健所(鳥取を除く46都道府県)で、いずれも

前週の82保健所、217保健所より増えた。

同センターは、この週はすべての都道府県で定点当たり報告数が増加したと

指摘し、「42都道府県で10.0を、うち21都道府県で20.0を上回っており、

全国規模で本格的な流行になってきている」としている。

洗って何度も使える経済的なマスク!
posted by エンザ at 13:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。