新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年10月30日

新型インフルエンザ ワクチン 接種 入院患者 優先接種

医療従事者に次ぐ優先順位の基礎疾患(持病)を抱える入院患者や妊婦に対し、

新型インフルエンザ用ワクチンの接種が3、一部の県で始まった。

医療従事者の希望者が多い自治体では来月中旬にずれ込む見通しで、

入院患者らの接種開始時期はばらつきが出そうだ。

優先接種は19日から医療従事者を対象に開始したが、当初の2回接種から

1回に変更。

厚生労働省は浮いた分のワクチンを用い、重症化するリスクの高い妊婦、

持病のある1歳〜小学校3年と入院患者について接種の前倒しを求めていた。

30日に入院患者らの接種を開始するのは、岐阜、和歌山、山口の3県。

宮城、兵庫、福岡など15県は11月2日に前倒しした。

しかし、医療従事者に大半のワクチンを再び割り当てた県もあり、

全体の3分の1程度は同16日以降に患者らの接種を予定している。

新型インフルエンザ対策のためにアルコール手指消毒剤!


posted by エンザ at 12:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ 注意報発令 和歌山

和歌山県新型インフルエンザ対策本部は、新型インフルエンザとみられる患者の

数が急増しているとして、県内全域に注意報を出した。

また、重症化のリスクが高い妊婦や基礎疾患のある人に接種するための

新型インフルエンザのワクチンが県内約500医療機関に配布された。

和歌山県内の50医療機関を調べたところ、医療機関あたり患者数が14.18人の

感染報告があり、注意報発令の基準である同10人を超えたため発令した。

50医療機関の定点観測によると、県内の新型インフルエンザとみられる患者は

19日から25日の間で709人。

保健所管内別にみると、和歌山市で288人、岩出市で208人、橋本市で118人と

3保健所で急増した。

一方で小康状態の地域も多く、海南12人▽湯浅28人▽御坊11人▽田辺37人

▽新宮7人▽串本0人となっている。

定点あたり報告数では、和歌山市19.20、岩出34.67、橋本19.67。

岩出市は全国平均(24.62)を超えており、警報(30以上)の基準値も超えた。

同本部では感染拡大を防ぐため、うがいや手洗いの励行、健康管理などを

求めている。

一方、和歌山県内の各医療機関には妊婦や基礎疾患のある人に接種するための

新型インフルエンザのワクチンが届いた。

和歌山県は12550回分のワクチンを入荷し、薬品卸業者が県の指示した

医療機関に出荷。

30日以降、特定の基礎疾患を持つ入院患者や妊婦らへの接種が行われる見通し。

和歌山市内のある病院では「午前中にワクチンが届いたが、18回分が多く来た。

一度開けると24時間以内に使い切らないといけないので、患者の容体も

みながら接種できる患者さんを選んでいる。

接種は週明けになると思う」と話していた。

新型インフルエンザ対策商品一覧
posted by エンザ at 11:31| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

季節性インフルエンザ ワクチン 充分確保 医療機関

季節性インフルエンザのワクチンを充分確保できる医療機関が全体の

14%にとどまっていることが、調べで分かった。

調査は10月20日から23日まで、全国の内科医300人(病院169人、診療所131人)を

対象にインターネット上で実施した。

季節性インフルエンザのワクチンを、自院で今シーズン必要と思われる分の

何パーセント確保できそうかを尋ねたところ、「80%ないし90%程度」が

42%で最も多く、以下は「60%ないし70%程度」26%、「50%以下」17%、

「100%(充分に確保できる)」14%の順だった。

施設別に見ると、病院では「80%ないし90%程度」が39%で最も多く、

以下は「60%ないし70%程度」24%、「100%(充分に確保できる)」21%、

「50%以下」17%の順。一方、診療所では、「80%ないし90%程度」47%、

「60%ないし70%程度」30%、「50%以下」16%で、「100%(充分に確保できる)」は

7%にとどまった。
 
また、季節性インフルエンザのワクチン接種希望者数が、昨年の同時期と

比べて多いか少ないかを尋ねたところ、昨年より多い施設が57%で最も多く、

昨年と同じ施設は36%、昨年より少ない施設は7%だった。
posted by エンザ at 21:00| Comment(0) | 季節性インフルエンザ 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフル 東北 休校 措置

インフルエンザを原因に休校などの措置を取った東北の公私立の保育所、

幼稚園、小中学校、高校は18〜24日の1週間で737施設に上ったことが、

厚生労働省の調査で分かった。

前週(11〜17日・287施設)の2.6倍に急増した。

措置の内訳は休校142施設(前週比101増)学年閉鎖232施設(128増)

学級閉鎖363施設(221増)。

患者数は1万2528人で、前週に比べほぼ3倍増となった。

休校などで7万7969人の授業に影響が出た。

県別は表の通り。

特に山形と青森で感染が急速に拡大した。

患者数は山形が8.7倍、青森が5.8倍に増え、山形では措置を講じた施設が

5.4倍となった。

厚労省によると、全国で休校などの措置を取ったのは前週(8534施設)の

約1.6倍に当たる1万3964施設。

ほとんどが新型インフルエンザという。

新型インフルエンザ対策商品一覧
posted by エンザ at 18:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。