新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年11月30日

新型インフルエンザ 感染 割合

新型インフルエンザに感染した人の割合が、5〜14歳では約50%に上る

計算になることが、国立感染症研究所(感染研)が算定した推計患者数

などから分かった。

厚生労働省は「学校で集団生活を送る年代で、感染機会が多いためではないか」

としている。

感染研は全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者数から

全患者数を推計しており、22日までの累計患者数は推定1075万人。

大半が新型インフルエンザとみられ、内訳は0〜4歳が95万人、5〜9歳が285万人、

10〜14歳が309万人、15〜19歳が168万人。全体の約80%を20歳未満が占め、

5〜14歳が特に多い。

一方、総務省の6月現在の人口推計では、5〜9歳の人口は572万人、

10〜14歳は597万人。

単純計算すれば、5〜14歳では全体の約50%が感染し、病院で受診した

ことになる。

感染率は0〜4歳で17.6%、15〜19歳も27.6%と高いが、20〜40代では2〜5%台。

50代以上は1%に満たない。全年代では8.4%。
posted by エンザ at 12:53| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

新型インフルエンザ ウイルス 複数 タミフル耐性 患者 新潟

新潟県は、基礎疾患で県内の病院の2人部屋に長期入院していた10歳未満の

女児と男児から、治療薬タミフルが効きにくい「タミフル耐性」の遺伝子を

持った新型インフルエンザウイルスが検出されたことを明らかにした。

厚生労働省によると、同じ病室の複数の患者からタミフル耐性の遺伝子を

持つウイルスが検出されたのは全国初。また、タミフル耐性ウイルスが

人から人に感染した全国で初めての例の可能性もある。

発表によると、女児は6歳未満の幼児で、男児は4年生以下の小学生。

10月9日に女児が39度の熱を出して新型インフルエンザを発症したため、

翌日、女児に加え予防のため男児にもタミフルが投与された。

しかし、13日になって男児も39度の熱を出して発症したため、14日に2人から

採取した検体を県保健科学研究所で調べたところ、いずれもウイルスの

遺伝子にタミフル耐性を示す変異が確認された。

国内ではタミフル耐性ウイルスの人から人への感染例は報告されていない。

今月27日に報告を受けた県は、2人の検体を国立感染症研究所に送り、

詳細な調査を依頼した。

新潟県によると、2人はすでに回復、病院内での感染拡大も確認されて

ないとしている。

国立感染症研究所の調査結果は12月中にもまとまる見込み。

使い捨てクリーンマスク【不織布マスク】60枚入り 10セット
posted by エンザ at 00:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

新型インフル 推計患者数 1千万人 超える

インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、11月16〜22日は

38.89だったことが、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで

分かりました。

前週の35.15より3.74ポイント増えました。

定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は前週より

9万人多い約173万人。

患者報告数が増え始め、検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが

新型インフルエンザになった7月6〜12日の週以降の累計の推計患者数は

約1075万人で、1000万人を超えました。

都道府県別では、大分(77.21)、福井(71.25)、石川(65.02)、山口(64.31)、

福岡(58.23)などの順=表=。38府県で前週よりも増加し、全都道府県が

20.0を、41府県が30.0を超えた。

警報レベルを超えたのは416保健所(47都道府県)で、前週の364保健所の

1.14倍に増えた。

注意報レベルのみを超えたのは109保健所(35都道府県、前週156保健所)。

除菌スプレー

posted by エンザ at 16:33| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ 警報レベル 超える 静岡

静岡は、新型インフルエンザの大流行期を示す「警報レベル」を初めて

超えたと発表した。

定点調査している県内137医療機関を受診した新型を含むインフルエンザ患者数が

22日までの1週間で1施設あたり33.13人となり、警報レベルの30人を超えたため。

15日までの前週は24.92人だった。

静岡県危機管理局は「手洗いやうがいなどの基本的なインフルエンザ予防を徹底して

ほしい」と呼びかけている。

1施設あたりの患者数を保健所ごとにみると、最多は御殿場の46人。

富士42人、中部38.50人と続き、計9保健所のうち7カ所で30人を超えた。

静岡県によると、15日までの前週の段階で全国平均は35.15人。

愛知県の58.70人を最高に、36都道府県が警報レベルに達していた。

静岡県は大流行期を迎えた事態を踏まえ、27日に県庁で対策会議を開き

今後の啓発活動などを話し合う。

一方、医療現場ではワクチン接種や問い合わせに追われている。

ウイルスを寄せ付けない!守りは万全ですか?



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。