新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年11月27日

インフルエンザ 休校 学級閉鎖 9%減

厚生労働省は、インフルエンザの流行による学校(保育所、幼稚園、小中高校)の

15〜21日の休校と学年・学級閉鎖数が1万5682校で、前週(8〜14日)

より約9%減ったと発表した。

祝日を含まない週で、前週を下回ったのは、新学期が始まった9月以降初めて。

厚労省は「都道府県によって増減があり、全体のピークがいつになるかは不明」

としている。

また厚労省は、新型インフルエンザワクチンについて、24日までに最大

594万本が接種され、因果関係不明も含む副作用報告は0.02%の989件あったと

明らかにした。

死亡報告は26件、入院相当の重篤例は93件あり、10〜24日の2週間で、

神経障害の「ギラン・バレー症候群」の疑いも2例報告された。

超音波加湿器 アロマポット ピンク


posted by エンザ at 00:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

新型インフルエンザ ワクチン 集団接種

新型インフルエンザのワクチンが不足し予防接種が受けられない子供

続出している問題で、都内の自治体の多くが、12月中にも保健所などで

子供を対象に集団接種を行う方針であることが分かった。

現在、各自治体と地区医師会とが調整中で、詳細が決まり次第、自治体から

公表される予定だ。

江東区医師会は区と協力して12月6日と13日、区内2カ所の保健所で、

1歳から小学3年生までの計4千人分の子供に集団接種しようと計画中だ。

現在、接種予定日に協力できる医師数の調整をしており、担当者は

「ワクチンが医療機関にうまく配分されず、基礎疾患を持っていても、

まだ打てていない子供たちもいる。

集団接種が実現すれば、1医療機関で24時間以内に使い切れないワクチンを

効率的に接種でき、1人でも多くの子供の重症化を防げる」と話す。

23日に就学前の小児320人に集団接種を行った中央区医師会でも、

12月13日に1歳から小学3年生までの集団接種を再び予定している。

また中野区や新宿区などでも区と区医師会が協力し、小学1〜3年生を

対象に12月中旬以降に保健所などで集団接種する計画を進めており、

都の感染症対策課によると「都内23区の大半の自治体から、集団接種の

問い合わせが相次いでいる」という。

多摩地区でも同様の動きがあり、昭島市は、12月8日から1歳から未就学児

約2500人に集団接種を行うことを公表した。

11月中旬に開かれた多摩地区26市の担当者会議では、半分程度の市が

集団接種を前向きに計画中で、今後方針を公表する市町村が相次ぐとみられる。

厚生労働省は、幼児や児童の重症患者が相次いでいることからワクチン

接種日の前倒しを決めたが、実際には都から小児科医院に納入される

ワクチン量が不足。

一方で、ワクチンは10ミリリットル入りの瓶で納入されるため医療機関は

1日に接種希望の子供を40人程度集める必要がある。

子供が集まらない場合は貴重なワクチンを廃棄しなければならず、

「苦肉の策」として合同で接種したり、子供を集めやすい休日に

まとめて接種するなど混乱が続いた。

このため厚労省は都道府県を通じて今月6日、都道府県に集団接種への

協力を依頼する通知を出し、都も各自治体に集団接種に協力するよう依頼。

集団接種用に1自治体当たり数千人分のワクチンを供給する方針を打ち出した。

集団接種用に配分されるワクチン量によっては集団接種への予約も殺到

してしまう懸念もあり、ある自治体の担当者は「国は十分な量を配分してほしい」

と指摘している。

インフルエンザ予防


posted by エンザ at 12:03| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

新型インフルエンザ ワクチン 接種後 感染 死亡 鹿児島

鹿児島県は、新型インフルエンザに感染した30代の女性看護師が死亡したと

発表しました。

女性は10月下旬に医療従事者として新型インフルエンザワクチンを接種。

厚生労働省によると、ワクチン接種後に新型インフルに感染し、死亡が

確認されたのは国内初という。

職場や家族らに感染者は出ていない。

女性は甲状腺機能低下症などの基礎疾患(持病)があった。

県健康増進課によると、女性は11月上旬には、季節性インフルエンザワクチンも接種。

20日までは通常通り勤務していたが、21日に40度近くまで熱が上がり、

医療機関を受診、簡易検査でA型陽性と判明した。

タミフルを処方されたが、25日にインフルエンザ脳症で死亡した。

女性は一般的にワクチンの効果が出始めるとされる接種3〜4週間後に

感染したことになる。

ただ、同省は持病により免疫力が低下している場合は、ワクチンの効果が

十分得られない可能性があるとしている。

新型インフルエンザ予防

posted by エンザ at 22:21| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ 脳症 発症 患者 8割 発熱 当日 翌日

新型インフルエンザ感染し、インフルエンザ脳症になった患者の8割が、

発熱の当日か翌日までに脳症を発症していることが、国立感染症研究所の

調べで分かった。

季節性インフルでは発症までの期間を示す統計はないが、新型は季節性

よりも早く発症するとの指摘が多く、感染研は注意を呼びかけている。

インフル脳症はインフルエンザに感染した際、免疫が過剰反応して発症

するとされる。

感染研によると、これまでにインフル脳症と報告があったのは132人。

うち60人を追加調査したところ、発熱した当日に発症がみられたのは12人で、

翌日が36人、2日後が8人、3〜8日後が計4人だった。

うち、死亡したのは3人(5%)、後遺症が出たのは7人(12%)、

回復したのは49人(83%)、調査中1人だった。

60人全員に意識障害があり、45人(75%)には異常行動・言動もみられた。

けいれんは31人(51%)。

脳症の報告は過去最多だった平成17年の季節性の53人を大きく上回っており、

「発熱後は注意深く観察することが大切」と呼びかけている。

官公庁、大手企業に納入実績あり【医療用サージカルマスク】

posted by エンザ at 15:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。