新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年11月25日

新型インフルエンザ 流行 傾向 8割 20歳未満

今年7月以降にインフルエンザに感染した推計患者902万人の8割を、

20歳未満が占めたことが国立感染症研究所のまとめでわかった。

夏休み明けから学校で猛威をふるう新型インフルエンザの流行傾向を

浮き彫りにした格好だ。

感染研は、全国の小児科と内科約5000医療機関から報告されるインフルエンザ

患者数を基に、推計患者数を1週間ごとに算出している。

今回、患者数が増加し始めた7月6日から11月15日までの累計患者数を、

20歳未満は5歳ごとに、20歳以上は10歳ごとに分析した。

最も多かったのは10〜14歳で267万人(29.8%)。

次いで5〜9歳(230万人、25.7%)、15〜19歳(144万人、16.1%)、

0〜4歳(75万人、8.4%)の順だった。

男女別では、男性476万人(52.6%)、女性429万人(47.4%)。

30代、40代に限ると、女性が各6割を占め、子どもの看病で感染した

母親が多いとみられる。

報告の99%は新型インフルエンザウイルスで、「保護者は子どもの様子に

気を配り、感染が疑われる場合は早期受診を」と呼びかけている。


posted by エンザ at 12:09| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

新型インフルエンザ ワクチン 接種 浪人生 受験生

新型インフルエンザのワクチン接種で、厚生労働省が決めた接種順位では

高校生は優先されるが、浪人生に配慮はない。

このため、浪人生からは「同じ受験生なのに」と不満も漏れる。

新型の接種は、医療従事者、妊婦や持病のある人、小児を対象に始まっており、

今後、1歳未満の幼児の保護者、小学校高学年〜高校生、65歳以上と続き、

浪人生を含む「一般」への接種はそれ以降となる。

ただ、厚労省によると、高校生以下の優先は、学校で集団感染が発生しやすく、

その分、重症者が出るリスクも高いため。

同省は「接種目的は重症化を防ぎ、死者発生を抑えること。(受験などでの)

社会的混乱を防ぐためではない」とし、接種順を変える考えはないという。

これに対し、全国予備学校協議会は「受験を目指す高卒生も優先対象に」

とする要望書を同省に提出。

大手予備校職員は「予備校には授業や模試で現役高校生も集まる。

集団感染で重症者が出る恐れは浪人生も同じでは」と語る。

鳥取県の平井伸治知事は、浪人生を含めた優先枠を設けられないか検討

すべきだという考えを表明。

一方、宮城県は受験を控えた中3、高3の希望者の接種を前倒しする方針だが、

浪人生は対象外の方向。

大学側は受験生の救済措置を検討中。

文部科学省は1月16、17日のセンター試験について、例年は追試験は

1週間後だが、今回は回復期間を考慮し、2週間後に設定。

国公立大や私大も流行に応じて措置を講じる方針で、立教大や明治大

などは追試実施を決めている。
posted by エンザ at 15:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ 入院 患者 重症化

新型インフルエンザで入院した患者は7月下旬から今月中旬までで

約7700人となり、うち4.5%にあたる345人が重症化していたことが、

厚生労働省のまとめで分かった。

厚労省は、こうした新型患者の入院や死亡に関する情報を整理し、

ホームページでの公開を始めた。

それによると、7月下旬から今月中旬までの受診者は約900万人。

同時期の入院患者約7700人のうち65人が死亡した。国民の14人に1人が

新型インフルエンザで医療機関を受診し、受診者の1200人に1人が入院。

14万人に1人が死亡した計算だ。

基礎疾患(持病)のない人が入院患者の約64%を占めることも判明したが、

持病を持つ割合の少ない20歳未満に入院患者が集中しているためで、今後、

ほかの年代に感染が広がれば傾向が変わる可能性があるという。

一方、厚労省は、新型ワクチンの安全性を、副作用報告に基づいて評価する

専門家検討会を開催。

今月中旬までに接種を受けた約450万人のうち、重い副作用の報告は

68人(0.002%)で、昨年度の季節性ワクチンでの0.0003%より頻度は

高めだったことを報告した。

68人のうち13人は接種後に死亡したが、いずれも持病のある60代から

90代までの高齢者で、接種との関連はないか低いとするこれまでの専門家の

評価結果が示された。
posted by エンザ at 12:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ 受験 シーズン 対策

本格的な受験シーズンを迎えるのを前に、受験生が新型インフルエンザ

かかった場合の対応について、各教育委員会や学校が準備を始めている。

近畿の公立高校入試では京都府教委などが一般入試とは別の日に追試験を

実施する一方、大阪府教委は「特別視はしない」として、これまで通り、

体調が悪くなった場合と同様に別室での受験とするなど対応はまちまち。

また大学入試では、私立大学で感染のため試験当日に欠席した生徒に対する

追試験や、受験料返還などの配慮を検討するケースも出ている。

2〜3月に行われる公立高校の入試について、新型インフルエンザ感染

欠席した場合、追試験を実施するのは京都府と和歌山県。

京都府教委は従来、病気欠席者を対象に一般選抜試験の1〜2日後に実施

していた追試験を、3日後にずらして行うことを決めた。

ただ担当者は「発症から完治まで3日以上かかるとみられ、さらに間隔を

広げるか検討中」とし、年内に決定するという。

大阪府教委は、一般選抜試験当日に体調の悪い受験生は保健室など、

別室受験で対応する予定。

担当者は「基本的に新型インフルエンザだからといって特別視はしない」

と説明するが、大勢の感染者が出た場合、「別室の確保もままならない」

可能性はある。

このほか大阪府と同様に、別室受験対応をしてきた兵庫、奈良、滋賀の

各県は、追試も含めて検討中。

しかし、試験から合格発表まで1週間ほどしかないため、兵庫県教委の

担当者は「追試の場合でも、新たに試験問題を作成するのも難しい。

感染状況がどうなるかも予想できない…」と対策に苦慮している。

一方、大学受験では、文部科学省がすでに大学入試センター試験について、

従来は本試験の1週間後に実施していた追試を、さらに1週間延期する

特別措置を決定するとともに、私立大学に対しても追試などの措置を要請した。

立命館大(京都市)では、2月の一般入試について医師の診断書を提出した場合、

3月に実施する試験への振り替えか、受験できなかった場合に検定料

(3万5千円)を返還する。

「受験生からの問い合わせもあり、追試も考えたが入試日程も複雑で会場の

確保も難しいので、振り替えなどを決めた」と担当者は説明する。

ある私立大の担当者は「入試日程も多様化しており、追試などは本来、

実施する必要もないと考えている。今回は文科省から要請があったので

検討しているが、実際にどの大学でも追試を行ったりするのは難しいの

ではないか」との本音を漏らす。

一方、受験本番まで約2カ月を切り、受験生を送り出す進学塾も対策に

神経をとがらせる。

第一ゼミナール(大阪市)では、生徒が感染した場合にインターネット

を利用して自宅で講習を受けられるシステムを導入。

全教室に消毒液と体温計を配備した。

新型インフルエンザで受験生泣くな!

posted by エンザ at 00:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。