新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年10月23日

新型インフルエンザ 茶葉 カテキン うがい 感染予防

紅茶のうがいが新型インフルエンザ感染予防に有効exclamation×2

予防のために、紅茶のカテキン、テアフラビンを使わない手はない。

紅茶に含まれるカテキン、テアフラビンは、ラットやブタへの実験で、

感染予防効果が確認されており、インフルエンザ治療薬や市販のうがい薬との

比較でも、ウイルス増殖を抑制するより高い効果が認められた。

集団で生活する人間への実験も行い、インフルエンザの流行期に、0.5%の

濃度の紅茶で朝夕1日2回うがいをさせた集団と何もしない集団に分けたところ、

何もしなかった集団は2人に1人が感染したが、うがいをした集団は3人に1人で、

紅茶でのうがいの有効性が明らかになったという。

インフルエンザ感染を予防するためのうがいは、1〜2煎(せん)目の紅茶を

普段の半分ほどの濃さのぬるま湯程度になるよう薄め、1回100ミリリットル

程度を用いて、1日に数回うがいする。

ウイルスの型に関係なく有効で、罹患(りかん)後にも効果があるという。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。