新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年11月25日

新型インフルエンザ ワクチン 接種後 感染 死亡 鹿児島

鹿児島県は、新型インフルエンザに感染した30代の女性看護師が死亡したと

発表しました。

女性は10月下旬に医療従事者として新型インフルエンザワクチンを接種。

厚生労働省によると、ワクチン接種後に新型インフルに感染し、死亡が

確認されたのは国内初という。

職場や家族らに感染者は出ていない。

女性は甲状腺機能低下症などの基礎疾患(持病)があった。

県健康増進課によると、女性は11月上旬には、季節性インフルエンザワクチンも接種。

20日までは通常通り勤務していたが、21日に40度近くまで熱が上がり、

医療機関を受診、簡易検査でA型陽性と判明した。

タミフルを処方されたが、25日にインフルエンザ脳症で死亡した。

女性は一般的にワクチンの効果が出始めるとされる接種3〜4週間後に

感染したことになる。

ただ、同省は持病により免疫力が低下している場合は、ワクチンの効果が

十分得られない可能性があるとしている。

新型インフルエンザ予防



posted by エンザ at 22:21| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。