新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年12月25日

新型インフルエンザ ネット 発生状況告知 神戸市

神戸市は、新型インフルエンザの発生状況などをインターネット上で

市民に迅速に伝える「インテリジェントシステム」を来年1月中に稼働

させると発表しました。

市のホームページからアクセスできる。市内の新型インフルの感染者は、

10月末をピークに減少傾向にあるが、これから寒さが本格化するため、

システムで最新情報を提供する。

市が設置している「神戸市新型インフルエンザ対応検証研究会」が、

まとめた報告書の中で提案。

新型インフルについて、将来起こりうる事態として、乳幼児を中心に

重症者が増加する、高齢者への感染が増加する、タミフルに耐性をもつ

などウイルスが変異する、の3つのシナリオを想定。

シナリオごとに対策を提案している。

システムには、保健所が収集する定点あたりの患者数を、週1回の国への

報告と同時に入力。

保育所や学校などの欠席者数についても、市の所管部局などを通して

毎日入力し、これによって現状が、どのシナリオに相当するかを判断し、

いち早く対策を立てるために活用する。

同時に、市民にも最新の感染情報を提供するのがねらい。

構築するシステムは、マルチメディア振興センター(東京都港区)が

運営するインフルエンザ情報広域共有システムを利用。

同システムは参加自治体の情報を共有できるため、近隣地域の発生状況も

把握できる。

兵庫県内では、加古川市が今月から利用を始めている。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。