新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年12月26日

新型インフルエンザ 感染予防 有効 緑茶成分 EGCg

緑茶に含まれているカテキンの一種である「エピガロカテキンガレート(EGCg)」が

新型インフルエンザの感染予防に有効であることが、伊藤園と静岡県立大薬学部の

鈴木隆教授との共同研究で明らかになった。

研究ではまず、新型インフルエンザ(A/H1N1型)、季節性インフルエンザ(A/H3N2型)、

鳥インフルエンザ(A/H5N3型)の各ウイルス液とEGCgを混合し、実験用の

細胞に感染させて一定期間培養した後、感染した細胞を数えた。

続いて、EGCgと混合していないウイルス液を細胞に添加した場合の感染細胞数を

100%として、感染細胞数が半分に抑制されるEGCgの濃度を算出した。

研究結果によると、新型インフルエンザ、季節性インフルエンザ、

鳥インフルエンザの感染を半分に抑制するEGCgの濃度は、それぞれ

0.12μM(マイクロモラー)、0.52μM、0.55μM。3種すべてに感染抑制作用を示し、

新型インフルエンザに対する作用が最も強いことが分かった。

一方、インフルエンザ予防・治療に用いられる「アマンタジン」の

感染抑制濃度は、それぞれ50μM以上、3.18μM、0.59μMで、EGCgが

アマンタジンよりも低い濃度でウイルスの感染抑制作用を示した。

同社によると、緑茶でうがいをすることがインフルエンザの予防に効果が

あることがこれまでに一部報告されており、緑茶に含まれるカテキン

中でもEGCgが最も強い活性を持つことが明らかになっていた。

同社は研究結果から、EGCgが型に関係なくインフルエンザ予防できる

可能性が示され、改めて緑茶がインフルエンザの予防に有効であることが

示唆されたとしている。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。