新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年12月29日

新型インフルエンザ ワクチン 接種後 副反応 報告

厚生労働省は、新型インフルエンザワクチン接種後の副反応の報告頻度が

0.01%、重篤症例が0.002%だったと発表しました。

接種開始の10月19日から12月25日までの接種者数は、納入量から

最大1492万人と推計される。

また、新型インフルエンザワクチン接種後の死亡例は、12月27日報告分までで

104例で、報告頻度は0.0007%となった。

年齢別では、80歳以上が50例で最も多く、70歳代が30例、60歳代が15例、

50歳代と30歳代が各3例、40歳代、10歳代、0〜9歳が各1例。

60歳以上が91.3%を占めた。

主治医が接種と死亡の因果関係について「関連あり」と報告した例はない。

【新型インフルエンザ対応】ウイルス対策総合セット


posted by エンザ at 11:58| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。