新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2010年01月09日

新型インフルエンザ ワクチン 接種 関係調査

厚生労働省は、重い肺炎などの持病がある人が新型インフルエンザ

ワクチンを接種した後に死亡するケースが報告されていることを受け、

ワクチンが死亡リスクを高めているかを調査する方針を明らかにした。

同省によると、これまでにワクチンを接種したのは最大1600万人。

接種後に死亡したと報告されたのは7日までに107人で、大半が重い持病の

ある高齢者だ。

同省が専門家に意見を求めたところ、多くはワクチンとは関係がなく、

持病による死亡と判断された。

しかし、重い肺疾患である間質性肺炎や慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、

腎臓疾患やがんなどの患者30人弱については、ワクチン接種により持病が

悪化して死亡につながった疑いが否定できないとされている。

ワクチンの副作用について議論している同省検討会の専門家には、

重い持病がある人は風邪を引いた程度のきっかけで死亡することも多く、

ワクチンが死亡リスクを高めているとは限らないとの意見も多い。


posted by エンザ at 11:39| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。