新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2010年01月22日

インフルエンザ 定点 国立感染症研究所感染症情報センター

インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、1月11〜17日の

週は8.13で、前週より1.05ポイント減ったことが、国立感染症研究所

感染症情報センターのまとめで分かった。

定点当たり報告数の減少は7週連続。

定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は、前週より

11万人減の約48万人。

検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になった

昨年7月6〜12日以降の累積では1923万人になった。

定点当たり報告数を都道府県別に見ると、40都道府県で前週よりも減少。

北海道(1.51)、青森(2.17)、秋田(3.15)宮城(3.80)、石川(4.40)など

北海道・東北地方で少なかった。

一方、最多は沖縄(49.98)で突出しており、次いで宮崎(16.29)、

静岡(16.02)、福井(15.41)、鹿児島(13.69)などが続いている。

10を上回ったのは九州地方の4県を含む14県で、前週より3県減った。

警報レベルを超えたのは前週より28保健所減の101保健所(34道府県)で、

注意報レベルのみを超えたのは44保健所(28都府県)で、前週より

2保健所減った。

TWINBIRD(ツインバード) 湿度センサー付ハイブリッド加湿器
posted by エンザ at 13:22| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。