新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年12月26日

新型インフルエンザ 感染予防 有効 緑茶成分 EGCg

緑茶に含まれているカテキンの一種である「エピガロカテキンガレート(EGCg)」が

新型インフルエンザの感染予防に有効であることが、伊藤園と静岡県立大薬学部の

鈴木隆教授との共同研究で明らかになった。

研究ではまず、新型インフルエンザ(A/H1N1型)、季節性インフルエンザ(A/H3N2型)、

鳥インフルエンザ(A/H5N3型)の各ウイルス液とEGCgを混合し、実験用の

細胞に感染させて一定期間培養した後、感染した細胞を数えた。

続いて、EGCgと混合していないウイルス液を細胞に添加した場合の感染細胞数を

100%として、感染細胞数が半分に抑制されるEGCgの濃度を算出した。

研究結果によると、新型インフルエンザ、季節性インフルエンザ、

鳥インフルエンザの感染を半分に抑制するEGCgの濃度は、それぞれ

0.12μM(マイクロモラー)、0.52μM、0.55μM。3種すべてに感染抑制作用を示し、

新型インフルエンザに対する作用が最も強いことが分かった。

一方、インフルエンザ予防・治療に用いられる「アマンタジン」の

感染抑制濃度は、それぞれ50μM以上、3.18μM、0.59μMで、EGCgが

アマンタジンよりも低い濃度でウイルスの感染抑制作用を示した。

同社によると、緑茶でうがいをすることがインフルエンザの予防に効果が

あることがこれまでに一部報告されており、緑茶に含まれるカテキン

中でもEGCgが最も強い活性を持つことが明らかになっていた。

同社は研究結果から、EGCgが型に関係なくインフルエンザ予防できる

可能性が示され、改めて緑茶がインフルエンザの予防に有効であることが

示唆されたとしている。


2009年12月25日

新型インフルエンザ ネット 発生状況告知 神戸市

神戸市は、新型インフルエンザの発生状況などをインターネット上で

市民に迅速に伝える「インテリジェントシステム」を来年1月中に稼働

させると発表しました。

市のホームページからアクセスできる。市内の新型インフルの感染者は、

10月末をピークに減少傾向にあるが、これから寒さが本格化するため、

システムで最新情報を提供する。

市が設置している「神戸市新型インフルエンザ対応検証研究会」が、

まとめた報告書の中で提案。

新型インフルについて、将来起こりうる事態として、乳幼児を中心に

重症者が増加する、高齢者への感染が増加する、タミフルに耐性をもつ

などウイルスが変異する、の3つのシナリオを想定。

シナリオごとに対策を提案している。

システムには、保健所が収集する定点あたりの患者数を、週1回の国への

報告と同時に入力。

保育所や学校などの欠席者数についても、市の所管部局などを通して

毎日入力し、これによって現状が、どのシナリオに相当するかを判断し、

いち早く対策を立てるために活用する。

同時に、市民にも最新の感染情報を提供するのがねらい。

構築するシステムは、マルチメディア振興センター(東京都港区)が

運営するインフルエンザ情報広域共有システムを利用。

同システムは参加自治体の情報を共有できるため、近隣地域の発生状況も

把握できる。

兵庫県内では、加古川市が今月から利用を始めている。

2009年12月03日

インフルエンザ 特効 多糖類 乳酸菌 摂取

医薬品などに使われている多糖類「β(ベータ)グルカン」と乳酸菌を

摂取するとインフルエンザウイルスの感染を防いだり、感染後の重症化を

抑える可能性があると北海道大人獣共通感染症リサーチセンターの

研究グループが、発表しました。

当面は機能性食品やサプリメントに活用し、将来的には治療薬の開発が

期待されるとしている。

βグルカンと乳酸菌が生体防御機能を高めることに注目。

マウスによる実験に酵母由来のβグルカンと特殊な乳酸菌、新型インフルエンザ

近いH1N1亜型のウイルスを使用した。

3分の1のマウスが死ぬ量のウイルスに感染させた場合、βグルカンを感染の

前後2週間摂取させたマウスの生存率は100%で、感染直後のタミフル投与と

同等だった。

さらに全滅する量のウイルスに感染させた場合、タミフル投与では50%の

生存率だったが、βグルカンと乳酸菌を併用すると生存率は75%まで上昇、

タミフルとβグルカンの併用と同等だった。

さらにβグルカンと乳酸菌の場合、タミフル投与と比べて体重の減り方が

少ないという効果もあったという。

椎菌ドリンク[10本]【健康を維持するために!!菌糸体はβグルカンの宝庫】

ナチュラルワン 乳酸菌培養濃縮エキス

2009年10月23日

新型インフルエンザ 茶葉 カテキン うがい 感染予防

紅茶のうがいが新型インフルエンザ感染予防に有効exclamation×2

予防のために、紅茶のカテキン、テアフラビンを使わない手はない。

紅茶に含まれるカテキン、テアフラビンは、ラットやブタへの実験で、

感染予防効果が確認されており、インフルエンザ治療薬や市販のうがい薬との

比較でも、ウイルス増殖を抑制するより高い効果が認められた。

集団で生活する人間への実験も行い、インフルエンザの流行期に、0.5%の

濃度の紅茶で朝夕1日2回うがいをさせた集団と何もしない集団に分けたところ、

何もしなかった集団は2人に1人が感染したが、うがいをした集団は3人に1人で、

紅茶でのうがいの有効性が明らかになったという。

インフルエンザ感染を予防するためのうがいは、1〜2煎(せん)目の紅茶を

普段の半分ほどの濃さのぬるま湯程度になるよう薄め、1回100ミリリットル

程度を用いて、1日に数回うがいする。

ウイルスの型に関係なく有効で、罹患(りかん)後にも効果があるという。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。