新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2010年01月21日

新型インフルエンザ ワクチン 接種 成人

厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの優先接種対象以外の

健康な19〜64歳への接種について、35都道府県が今月中からの開始を

決めたと発表した。

茨城、埼玉、東京、山梨、滋賀、京都、鳥取、岡山、広島、福岡、沖縄の

11都府県では19日までに接種が始まっており、大阪、北海道など24道府県も

今月中に始める。

2月開始は8県、時期未定が4県。

現在流通しているのは国産ワクチンで、厚労省が15日、優先接種対象の

各グループへの接種がすべて始まっていることを前提に、健康成人への

接種前倒しを認めていた。

20日に正式承認された海外2社の輸入ワクチンは、2月上旬から医療機関への

供給が始まる。

業界最安値水準ベータグルカン『ピュアホワイト』お得な5個セット

【業務用】使いたい時に作れる! 二酸化塩素 強力除菌剤 BB-2 2L
posted by エンザ at 13:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

インフルエンザ センター追試 大雪 過去最高

大学入試センター試験は17日、理科と数学が行われ、2日間の日程が終了。

インフルエンザや類似の症状が出て受けられず、30、31日の追試験を

認められた人数は509人となった。

札幌市周辺では大雪が降って試験開始に遅れた志願者も多かったため、

過去最多の計961人が追試の許可を受けた。

これまで追試対象者が最も多かったのは、インフルエンザが流行した

1995年の934人だった。

札幌市と隣の江別市では17日、北海道大など9会場が、雪による交通機関の

乱れで開始を最大1時間繰り下げた。

それでも間に合わなかった志願者がおり、道内の追試許可人数は121人に上った。

長野市の信州大工学部会場では、監督者が理科(1)の試験を待っていた

23人に14分早く始めさせる手違いがあった。

開始に間に合わなかった受験者はおらず、正規の60分間で終了した。

2日目の受験者数と志願者全体に占める割合は、理科が(1)20万1064人

(36.3%)、(2)23万7074人(42.8%)、(3)17万1730人(31.0%)。

数学が(1)37万7851人(68.3%)、(2)33万8887人(61.2%)だった。

インフルエンザをめぐって、大学入試センター(東京都)は当初、

新型の流行拡大で最大5万人程度が追試を受ける事態も想定。

東京など2カ所のみだった会場を全都道府県に確保し、約7万5000人分の

問題冊子などを用意していた。

入試センターは今後、20日に平均点を中間発表し、公民、地理歴史、理科の

各科目間で20点以上の差が出る場合、得点調整するかを22日に決める。

国公立大の2次試験の出願期間は今月25日から2月3日まで。
posted by エンザ at 13:46| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

インフルエンザ 第3の治療薬 ラピアクタ

厚生労働省は、塩野義製薬のインフルエンザ治療薬ラピアクタ

(一般名・ペラミビル)の製造販売を承認した。

タミフル、リレンザに続く第3の治療薬の登場で、治療法の選択肢が

広がる利点がある。早ければ今月中にも発売予定。

ラピアクタは点滴薬のため、飲み薬のタミフルや吸入薬のリレンザを

使用しにくい呼吸器疾患のある人や高齢者、状態の悪い人にも投与しやすい。

15歳以上が対象で、基本的に1日1回約15分間の点滴を行う。

15歳未満は、現在、同社が小児約100人を対象にした臨床試験の結果を受け、

追加承認申請を行う計画。

某有名ドラッグストアーで最も人気のマスク

posted by エンザ at 09:50| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

新型インフル 輸入 ワクチン 接種開始 2月中旬

厚生労働省は、ワクチンの輸入が正式決定した場合、2月3日から出荷を

開始する「出荷スケジュール」を公表した。

各医療機関には出荷後1週間から10日で届くため、同月中旬にも接種が

可能となる見通し。

優先接種対象者はすべて国産ワクチンが行き渡る見通しとなっており、

輸入ワクチンは健康な19歳から64歳の希望者に使われる予定。

ワクチン輸入の可否は、15日の厚労省薬事分科会で検討し、長妻昭厚労相が

最終決定する。

正式に決まれば、スイス系「ノバルティス」製が2月3日に240万回分、

英系「グラクソ・スミスクライン(GSK)」製が同5日に234万回分、

出荷され、2月中に両ワクチン合わせて2989万回分が出荷される。

人と環境にやさしいすぐれた除菌力【ウイルスショット】

posted by エンザ at 12:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ ワクチン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。