新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館

2009年12月26日

新型インフルエンザ 感染予防 有効 緑茶成分 EGCg

緑茶に含まれているカテキンの一種である「エピガロカテキンガレート(EGCg)」が

新型インフルエンザの感染予防に有効であることが、伊藤園と静岡県立大薬学部の

鈴木隆教授との共同研究で明らかになった。

研究ではまず、新型インフルエンザ(A/H1N1型)、季節性インフルエンザ(A/H3N2型)、

鳥インフルエンザ(A/H5N3型)の各ウイルス液とEGCgを混合し、実験用の

細胞に感染させて一定期間培養した後、感染した細胞を数えた。

続いて、EGCgと混合していないウイルス液を細胞に添加した場合の感染細胞数を

100%として、感染細胞数が半分に抑制されるEGCgの濃度を算出した。

研究結果によると、新型インフルエンザ、季節性インフルエンザ、

鳥インフルエンザの感染を半分に抑制するEGCgの濃度は、それぞれ

0.12μM(マイクロモラー)、0.52μM、0.55μM。3種すべてに感染抑制作用を示し、

新型インフルエンザに対する作用が最も強いことが分かった。

一方、インフルエンザ予防・治療に用いられる「アマンタジン」の

感染抑制濃度は、それぞれ50μM以上、3.18μM、0.59μMで、EGCgが

アマンタジンよりも低い濃度でウイルスの感染抑制作用を示した。

同社によると、緑茶でうがいをすることがインフルエンザの予防に効果が

あることがこれまでに一部報告されており、緑茶に含まれるカテキン

中でもEGCgが最も強い活性を持つことが明らかになっていた。

同社は研究結果から、EGCgが型に関係なくインフルエンザ予防できる

可能性が示され、改めて緑茶がインフルエンザの予防に有効であることが

示唆されたとしている。

2009年12月25日

新型インフルエンザ ノバルティス製 ワクチン 厚生労働省

新型インフルエンザ対策で来年2月以降に輸入が予定されている、

スイス系製薬会社「ノバルティス」製ワクチンについて、利用状況の

確認のためスイスに調査団を派遣していた厚生労働省は、「重大な安全性の

問題は出ていない」とする調査報告を公表しました。

調査報告によると、スイスは10月27日に同社のワクチンが承認され、

これまでに約130万回分が出荷された。

48例の副作用報告と因果関係の薄い1例の死亡報告があったが、季節性

インフルエンザワクチンを上回るような重大な副作用は確認されていないという。

厚労省では、同社製のワクチン2500万回分を2月以降に輸入する方針。

厚労省は、英系製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」からも

7400万回分のワクチンを輸入する予定。

同社のワクチンの一部からは通常よりも高率で重い副作用が確認されたが、

GSKでは、「一部以外では問題は生じていない」としている。

今シーズンの新型インフルエンザに対応できるマスクは・・・これだ!!


新型インフルエンザ 感染 入試 追試 大学 短大 実施

新型インフルエンザに感染した人や疑いがある人を対象に、

追試などを実施する大学・短大が802校に上ることが文部科学省の

調べで分かりました。

一方、81校は「追試などの措置はとらない」とした。

10年度入試で学力試験を行う大学の81%、短大の80%が回答。

回答した大学・短大のうち、追試など何らかの受験機会を確保するとした割合は…

国立大98%(55校)
公立大90%(53校)
私立大91%(431校)
公立短大75%(9校)
私立短大90%(254校)

全学部・日程で措置をとらないのは、国立では東京芸術大だけ。

また公立大6校、私立大44校、公立短大3校、私立短大27校が措置しないと回答した。

新型インフルエンザで受験生泣くな!

posted by エンザ at 18:00| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ 影響 冬休み中 補充授業 彦根

新型インフルエンザによる学級閉鎖で減少した授業時間を補うため、

終業式後の24日も授業を行う小中学校があった。

彦根市では、新型インフルエンザにかかった市立小中学校と幼稚園に

通う子どもは4168人で、全体の37.4%にのぼり、小中学校12校で授業を行った。

佐和山小では3〜6年の12クラス、約350人が登校。

授業日3、4日間が休みとなり、授業時間は不足していないが、2学期中に

終わらせておきたい学習内容や、3学期にもインフルエンザが流行する

可能性があるため24、25日に授業を実施することにした。

教室やグラウンドでは子どもたちが漢字テストやサッカーに元気に取り組んだ。

書き初めの練習やクリスマス会を開いたクラスもあった。

県教委によると、県内の各小中学校は、新型インフルエンザで学級閉鎖

したことによる授業時間減少に対応するため、2学期に一日の授業時間数を

増やしたり、冬休み中や3学期の正規授業後に補充授業を実施する、という。
posted by エンザ at 16:02| Comment(0) | 新型インフルエンザ 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。